生後3ヶ月位になってくると寝返りを自由にできるようになり、赤ちゃんベットの柵に「ゴツンゴツン」と頭をアタックしてヒヤヒヤします。

元気にすくすくと育ってくれているので嬉しいですが、気が気ではないですよね。

ベットガードを使おう

一番簡単なのが赤ちゃんベッドの柵にベットガードをつけることです。

ベビーベットの柵にクッションができるので、赤ちゃんの体を守ってくれます。

ただ夏は熱がこもりやすいので温度を気にしてあげてください。

興味がある人はアマゾンなり楽天でも購入できると思います。

母親とベットで一緒に寝よう

ベビーベットって狭いので寝返りをうったりするとすぐに柵にあたってしまいますよね。

大きめなベットをお持ちでしたら、寝るときは一緒に大人用のベットで寝れば広いので安心です。

柵に頭をぶつけるより落下のほうがずっと危険なので、落下防止の対策を手間ですが準備するようにしましょう。

 

大人用ベットでも一緒に寝られるように転落防止ようのベットガードというものがあります。

子供を側において寝られるので安心できるというメリットがあり人気があります。

しかし、ほんの数件ですが赤ちゃんが、ベッドガードとマットレスの間に挟まり死亡してしまうという事故が起こっています。

ベッドガードとマットレスの間に隙間をなくすことで対処できますが、使われる方は注意をしてください。

レンタルベビーベット

この記事を読んで赤ちゃんと現在大人用のベットで一緒に寝ていて怖いなと感じた方もいると思います。。

ただこれからベビーベットを買うのには子供が成長しすぎてあまり長く使えないのでもったいないですよね?

そんな人には、レンタルのベビーベットがお勧めです。

ちなみに何歳までベビーベットを使っているか?調べたところ、生後八ヶ月でベビーベットを卒業させてる人いれば3歳まで(寝てるときだけ)使っている人もいるようです。

まとめ

赤ちゃんがベビーベットの柵に頭をぶつける力を弱めるベットガードがお勧めです。

ただ使わなくても子育てしている人はたくさんいます。

赤ちゃんは柵に頭をぶつけても泣きはしますが、大したことにはならないからです。